脱毛エステとの契約を行った日

脱毛エステとの契約を行った日から数えて8日間よりも短かった場合、クーリングオフ制度を利用することができます。
その一方で、契約期間が1ヶ月を超えない場合や、代金が5万円以内におさまっている場合、適用範囲を外れ、クーリングオフはご利用いただけません。8日以上経過してしまった場合、扱いが中途解約になりますので早く手続きを行うことが重要です。
脱毛エステでエステティシャンが使用している施術用機器は、市販され、入手が簡単な家庭用の脱毛マシーンよりもはるかに強めの光を照射できるものです。
それに光を照射できる範囲が広いので、より短時間で処理を終わらせることができるというわけです。ただし、医療系の脱毛クリニックで使われている機器と比べてみると出力の威力が弱めですので、永久脱毛は不可能ということになっています。
その代わりに、痛みに関していえば比較的楽に感じるレベルで、肌の受ける負担が減るという点も嬉しいところです。密集した強い体毛を持つ人の場合、脱毛エステで満足がいくような状態になるまで長い時間をかけることになります。
例えば他の人が脱毛完了まで12回通うだけで済むとしたら毛深い人は16〜18回、さらにもっと回数が必要になる可能性もあります。
そんなに時間をとれない人は、脱毛クリニックの方が期間は短く済むことでしょう。
とはいえ、脱毛クリニックで施術に使う機器は効果が高くパワーもそれなりに大きいので、施術時の痛みが少々強くなってしまうようです。
脱毛エステで定期的に行われている各種キャンペーン、これをうまく使うと通常よりかなりお得に脱毛することが可能です。ただし、注意しておきたいことがあります。キャンペーンに乗ってそのまま安易に契約してしまうようなことになると後々、納得がいかず悩むことになるかもしれません。きちんとした契約を交わす前に落ち着いて、契約の内容について相手に質問をするなどしてしっかり確認し、じっくり検討するのがよいでしょう。
低料金、回数無制限といったようなおいしい点だけを見てしまうと、満足からは程遠い結果が待っているかもしれません。脱毛サロンの都合で当日に生理中ですと、施術をお断りされることがあるでしょう。ホルモンバランスが崩れ、お肌が荒れることがあるため、お肌に問題がおきるのを回避するためです。
施術を生理中でも断らないケースもありますが、いつもの倍以上のアフターケアをしっかりした方がいいと思います。
そして、また、施術ができない箇所はデリケートゾーンです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ