着る服の趣味が今までとは異なりだし

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しいです。
浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装をチョイスしてきたら、かなり浮気の恐れがあります。服の中でも、きれいな下着をはくようになってきたら、浮気をしている場合が多くあります。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つです。実費は交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるようです。また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。短時間で調査を完了すると請求金額も少ないです。
日々、相手の生活の様子を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。
そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。探偵による浮気調査の結果、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
信頼のできなくなったパートナーと一生共に生活することは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。また、配偶者の不倫相手に慰謝料を求めれば、間違いなく別れさせられるはずです。
探偵が浮気調査する時でも失敗することがないことはないのです。
探偵は浮気調査をよくやっていても、失敗することが全くないとは言えません。
相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行がばれることもあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。
離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
けれども1人で踏み込むと、喧嘩になりやすいので、避けたいところです。
あなたが信じて頼れる人と行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼むことをお勧めします。だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、多くの場合は3〜4日間です。
最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均の期間です。
調査の対象者がとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあるのです。逆に、浮気する可能性の高い日が調査員に伝えられていた場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠とは認められません。
探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずに十分証拠となる写真を撮ることができます。
レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠を把握することもできるかもしれません。
まず、いつもなら好んで行くことがないようなコンビニのレシートをいつも目にすることが多くなったら、普段からその近くに行っている事になります。
その場所でずっと見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。
浮気調査は第三者に任せるべき理由は冷静でいることが難しくなってしまうおそれがあります。
強い心を持っている人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が過去にも多いのです。スムーズに物事を進めるためにも浮気の証拠を押さえるためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ