尾行料金の相場はと言うと、調査する人の数にもよります

尾行料金の相場はと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。
当然のことですが、調査員が1人なら安く、多くなるほど高くなります。
また、尾行のために移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。
浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調査を済ましておくようにしましょう。調査とはいっても簡単にできることなのです。毎日のパートナーの行動記録を立派な調査資料になります。
毎日、出勤していった時間や、帰宅してきた時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。
GPSが繋がるものを使って、行きつけの場所の情報を探して、見張っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。
調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、ひとつの方法ではあります。GPS端末が付けられていることが発覚することがあります。もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査が必要とする時間は減るので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。しかし、浮気をしている日時が特定できているなんていっても、知人に相談して写真を撮るようにすると、無駄足になることが多いでしょう。
気づかれずに写真撮影を行うにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。
料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、結果として成功した調査でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。
その結果として、成功報酬の方が、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。調査に対する実績なども確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すれば心配ありません。
探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは自分で買うことができるかといえば、購入できます。通常は、追跡グッズはGPS端末を使用することが多いです。
でも、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。
車両に載せるタイプのGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも買えるのは当然です。運転する人の目につかないところにGPS端末を設置して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を確認したりデータログを後から読み出し行動の様子を分析したりします。車より、公共交通機関などを利用する人には、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
こうすることによって、パートナーの行き先やそこで過ごした時間もわかるでしょう。
一部の探偵がアルバイトの場合があるんです。探偵のアルバイト情報を調べれば、なんと求人の情報があるのです。ということは、バイトを使っている探偵事務所も多いのです。
浮気について調べるように言うときには、個人情報を伝えなければいけません。
バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なくなります。
ということは、尾行を探偵に頼むなら、日頃からパートナーの生活のパターンを観察しておく必要があります。
自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、双方にとって利益があります。探偵の浮気調査を例に挙げても時には失敗することもあります。探偵が浮気調査の専門家だとしても、成功しないことが少なからずあります。尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に気づくこともあるでしょう。
それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には証拠を掴みきれません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ